ゲキシャニンジャの疾走

彼方にこそ映えあり、届かぬからこそ。挑むのだ。激写をうたい激写を示す! 大阪ローカル情報発信ブログ

大阪「末廣軒(スエヒロケン)」黒門市場にあるハヤシライス

今回のござる飯は地下鉄堺筋線

日本橋駅の近くにあるお店

「末廣軒(スエヒロケン)」でござる。

 

 

お店紹介

黒門市場の中にあるので

観光したり、食べ歩く時には

いいでござるな。

 

末廣軒(スエヒロケン)は

メディアに取り上げられた事も

ある有名なお店でござるが、

ハヤシライスがある以上、

セッシャは行かなくては

ならないでござるよ。

 

末廣軒(スエヒロケン)の外観

 

f:id:gekishaninja:20181105172811j:plain

レンガ調のおしゃれなお店といった

外観でござるな。

駅から歩いて近くにあるので

迷いにくいと思うでござるが、

黒門市場の中にあるので人通りは

かなり多めでござる。

 

末廣軒(スエヒロケン)の内観

 

店舗は広くないでござる。

テーブル席3つあって4人掛け

なので最大12人といったお店でござる。

 

ただ、雰囲気のある落ち着いた感じの

内観なのでセッシャは好きでござるな。

 

末廣軒(スエヒロケン)の雰囲気

 

もの越しの柔らかい接客でござった。

セッシャ好みの良い店でござる。

 

セッシャが行った時の客層としては

観光客の人だろうか?

20代~40代といった印象。

若い人多かったでござる。

 

子供連れも可能という事でござるが、

店内は喫煙可のようでタバコが苦手な人は

注意が必要でござる。

 

末廣軒(スエヒロケン)のメニュー

 

f:id:gekishaninja:20181105172856j:plain

f:id:gekishaninja:20181105172929j:plain

f:id:gekishaninja:20181105173001j:plain

f:id:gekishaninja:20181105173046j:plain

メニューも豊富でござるな。

高価なものからリーズナブルなものまで

そろっているでござる。

 

セッシャが頼むのはそうハヤシライス。

ハヤシライスを食べ続けて

一体、どのぐらいの月日が経ったで

ござろうか……。

 

そんな事よりも末廣軒のハヤシライスを

楽しむでござるよ。

 

末廣軒(スエヒロケン)のハヤシライス

 

f:id:gekishaninja:20181105173125j:plain

赤いルーに玉子が良く映える。

相手にとって不足なし!

いざ実食でござる。

 

まずはルーを一口。

甘味を感じるが、

一番際立っているのはトマトの酸味。

セッシャとしては若干苦手でござる。

ライスとの相性も悪くないでござる。

 

しかし、玉子を崩してルーと混ぜると

これがおいしい。

酸味が和らぎ玉子のマイルドな

甘味がルーと合わさる事で

より深い味わいへと変わる。

こちらの方がセッシャは好きでござるな。

 

味を変えて食べたい人にはもってこいの

ハヤシライスでござる。

 

お店情報

 

店名 末廣軒(スエヒロケン)

営業時間 11時30から21時

定休日 毎週水曜日、第4木曜日

席数 12(全席喫煙可)

電話番号 06‐6633-9944

goo.gl

 

 

大阪おすすめハヤシライスランキング

 

www.gekishaninja.com

 

次回のござる飯もよろしくでござるよ。

にんにん。