ゲキシャニンジャの疾走

彼方にこそ映えあり、届かぬからこそ。挑むのだ。激写をうたい激写を示す! 大阪ローカル情報発信ブログ

「花」京橋の飯! おすすめのお好み焼き

今回のござる飯(安くてうまい飯)は

JR大阪環状線の京橋の近くにある

「花(はな)」というお店。

 

 

お店紹介  

花の外観 

f:id:gekishaninja:20181009145447j:plain

小道に入ったところにあるでござる。

 

花の内観

 店内はおしゃれな照明と

軽快な音楽で雰囲気がいいでござる。

カウンター14席といったお店。

 

花の雰囲気

 

店内に入ると店員さんが心地よく

迎えてくれた。

 

さわやかであたたかな印象を

セッシャは感じたでござる。

 

セッシャ好みの良い店でござる。

 

セッシャが行ったときの

お客さんの客層としては

スーツ姿の人が多い。

男性、女性問わず人気の様でござる。

 

年齢層は若年から高年まで

幅広い感じでござるね。

 

 それから女性の常連さんが

「今日はすいていて良かったね」

と話しているのが聞こえた。

 

なるほど、やはりでござるか……。

セッシャもここを通りかかった時、

ソースの香りに思わず、

よだれが……。

 

もとい。

セッシャのござる飯レーダーが

ビンビンに感じたでござるよ。

 

花のメニュー

f:id:gekishaninja:20181009150314j:plain

 

 種類もあって値段も安い。

セッシャ好みの良い店でござる。

注文したのは豚玉のお好み焼き。

 

プラス100円でご飯とみそ汁と

つけ物がついてくるでござる。

なんとリーズナブル。

 

しかし、ござる飯のコンセプトは

うまい、安いでござる。

味無くして何とも言えないでござるよ。

はたして味はいかなるものでござろうか?

 

花のお好み焼

f:id:gekishaninja:20181009150516j:plain

 四角いお好み焼きは

厚みがあり大きいでござる。

 

調理されていた時から

思っていたでござるが、

お好み焼きが目の前に来ると

さらに食欲を刺激する香り。

 

相手にとって不足なし。

いざ実食!

いただくでござるよ。

 

厚みがあるはずのお好み焼きは

ヘラですんなりと切れる。

そのまま一口。

 

甘辛いソースがぬられ

マヨネーズのわずかな酸味が

 ふわりと優しい生地になじんでいる。

 

そしてやわらかな生地を感じたと

思うと中からシャキシャキとした

キャベツの食感が出てくる。

 

セッシャは無心となってヘラを使い、

お好み焼きをどんどん切り取っていく。

 

そして気づくと

あっという間になくなるほど、 

たまらなくおいしい。

これで600円なのだから信じられない。

これこそまさにござる飯。

 

恐るべし、花のお好み焼き。

 

 少し入り組んだ所にあるでござるが、

この店は大阪の京橋に来たなら一回は

行ってみてもいいと思うでござるよ。

 

お店の情報 

 店名 花(はな)

ランチ営業時間  11時30分~14時

ディナー営業時間 17時30分~22時

定休日 日曜日、第2、第4土曜日

席数 14

goo.gl

 

次回のござる飯もよろしくでござる。

にんにん。