ゲキシャニンジャの疾走

彼方にこそ映えあり、届かぬからこそ。挑むのだ。激写をうたい激写を示す! 大阪ローカル情報発信ブログ

「和ヌードル鈴七」桃谷の飯! メンがうまいラーメン

今回のござる飯はJR大阪環状線

桃谷の近くにある「鈴七(すずな)」で

ござる。

 

 

 お店紹介

和ヌードル鈴七の外観

 開放的な外観なのでお客さんが

写ってしまうため、

写真は撮っていないでござるよ。

 

和ヌードル鈴七の内観

店員さんは一人かいなかったで

ござるが、店内はきれいでござる。

 

カウンター5席、テーブル8席

最大13席といったお店。

 

和ヌードル鈴七の雰囲気

 セッシャの印象としては気さくな

店員さんでござった。

 

印象に残っているのは

子連れの常連さんが帰ろうとした時、

「お兄ちゃん。これひいて」と

子供に呼びかける。

子供はくじのようなものを引くと

何々番と店長に話す。

 

子供限定であるがスーパーボールを

無料でプレゼントしている様だ。

 

子供にスーパーボールを渡す店長。

子供はスーパーボールに手を伸ばし、

「ありがと」と笑顔で受け取る。

 

何ともほほえましいでござる。

常連さんが多いのは

何となくわかるでござるよ。

 

和ヌードル鈴七のメニュー

f:id:gekishaninja:20181008190849j:plain

セッシャが注文したのは秘蔵みそ。

 

注文し終わると店内を見渡す。

セッシャ以外はどうやら常連。

店長さんが今日のメンの仕上がりを

常連さんと話しているのが聞こえた。

 

「今日のメンどうした?」

店長が常連さんに話す。

「塩分が多めですか?」

「そうです。0.02%と程増やしてます。」

そんな会話が聞こえていた。

 

店長さんはメンに非常にこだわりを

持っていて常連さんは

わずかな違いに気づいていた。

 

凄いでござる。

 

 和ヌードル鈴七の秘蔵みそ

f:id:gekishaninja:20181008191021j:plain

 みその良い香りが食欲をそそる。

いざ実食!

いただくでござるよ。

 

まずはスープを一口。

秘蔵のみそは深みがあるが、

濃すぎる事もなく飲みやすい。

 

それからメンをいただく。

ストレートのメンをすすると

もちもちとした食感であり

つるつるとしたのどごしが

たまらない。

 

メンにこだわっている店長に

感服でござる。

  

それからこの店には常連になると

裏メニューが食べられるでござる。

 

ふふふ。

セッシャはもちろん常連……

ではないでござる。

 

でも常連といってもスタンプ10個で

1段階グレードが上がるもので

ラーメン1杯で1個か2000円以上なら

1000円につき、1個なので

常連になるのに日数はかからない。

 

ただ常連のグレードがあるでござるよ。

例 第一幕 スパイシーカレーけいらん

  第二幕 ぎょく味噌

  第三幕 旨塩トマトチーズ 

  第四幕 ……

 

グレードが上がれば注文できるものが

増えていくでござる。

裏メニューなので

全部は書かないでござる。

その目で確かめて欲しいでござる。

 

今回の遠征もまた存分に

心おどるものでござった。

 

お店情報

 

店名 和ヌードル鈴七(すずな)

営業時間 11時30分~14時

定休日 火

goo.gl

 

次回のござる飯もよろしくでござる。

にんにん。