ゲキシャニンジャの疾走

彼方にこそ映えあり、届かぬからこそ。挑むのだ。激写をうたい激写を示す! 大阪ローカル情報発信ブログ

「空堀天ぷら飯 から天」松屋町の飯! 美肌をもたらすアンチエイジングランチ

今回のござる飯は地下鉄長堀鶴見緑地線

松屋町の近くにある「から天」でござる。

 

 

お店紹介

ランチで美肌と聞いて

嘘だろと思われるかもしれない。

セッシャも嘘だろと思ったでござるが、

看板にそう書いてるあるでござる。f:id:gekishaninja:20181007171133j:plain

 

あとはアンチエイジング

動脈硬化改善にもなるらしい。

これは試してみるしかないでござる。

 

空堀天ぷら飯から天の外観 

 外観の写真を撮りたかったでござるが、

開放的な外観であり、

人が並んでいたので

写真は撮ってないでござる。

 

空堀天ぷら飯から天の内観

 全席カウンターで12席といったお店。

調理場と通路と座るだけと

シンプルなつくりでござるが、

目の前で調理しているので

揚げたてが食べられるでござるよ。

 

空堀天ぷら飯から天の雰囲気

セッシャが行ったときの客層としては

20代~60代まで幅広い印象。

若い人の方が多かったでござる。

 

さらに天ぷら屋といえば男性客が多いが、

この店は女性客が多かったでござる。

女性の一人客も入りやすいでござるな。

 

空堀天ぷら飯から天のメニュー

f:id:gekishaninja:20181007171303j:plain

とりあえず、空堀天ぷら飯を注文。

米油の天ぷらとはいかがなものか……。

 

 

空堀天ぷら飯

 揚げたての天ぷらがカウンターから直接置かれる。f:id:gekishaninja:20181007171517j:plain

 

え?

これだけ?

800円にしては……。

なかなか……ブルジョアなご飯。

 

それでもいざ実食!

いただくでござるよ。

 

まずはエビを一口。

揚げたてという事もあり

ころもはサクサクであり、

身はぷりぷりしている食感。

そして後味に米油の風味を

微かに感じる。

 

用意されているつゆは

甘すぎず、辛すぎない。

ご飯にかけても美味しいでござる。

 

それからかしわ(とり)の

天ぷらを一口。

噛むと身から肉汁があふれ出てきた。

米油の風味との相性は抜群。

相当うまい。

 

ただ、味は美味しいが……。

量が足りない。

そう思った時、料理されている人が

「お待ちどうさまです」

といって新たに天ぷらを追加。

 

f:id:gekishaninja:20181007171737j:plain

何だと……。

ここからがメインイベントか……。

キスとイモが追加された。

 

天ぷらといえばキスといっても

セッシャには過言ではない。

ごくりと生唾を飲み込み。

キスを一口。

たんぱくな白身の身は米油に揚げられ、

優しい風味を持つ。

米油はキスとも相性抜群。

 

それでもセッシャには少々足りない。

やはり女性用に作られているのだろう。

ご飯と味噌汁を食べ終えようとした時、

 

「はい。お待たせしました。最後です」

f:id:gekishaninja:20181007172030j:plain

 

そう言われて出てきたのは伝説。

天ぷらといえばエビよりもセッシャは

KAKIAGE(かき揚げ)

美しくそびえたつかき揚げは素晴らしい。

そしてこのボリューム。

最後の最後に魅せてくれるか……。

感服でござるよ。

 

かき揚げをつゆにたっぷりつけて

かぶりつく。

タマネギの甘みと米油の風味が

口いっぱいに広がる。

見事でござる。

 

お腹もいっぱいで大満足でござった。

 

今回の遠征もまた存分に

心おどるものでござった。

 

お店情報

 

店名 空堀天ぷら飯 から天

営業時間 11時~14時

定休日 毎週木曜 第2、第4水曜

席数 12席

goo.gl

 

次回のござる飯もよろしくでござる。

にんにん。