ゲキシャニンジャの疾走

彼方にこそ映えあり、届かぬからこそ。挑むのだ。激写をうたい激写を示す! 大阪ローカル情報発信ブログ

「わっは」森ノ宮の飯! ワンコインもののふ店主の明るい店

 今回のござる飯はJR環状線森ノ宮駅の

近くにある「わっは」でござるよ。
 

お店紹介

昼はランチをされているでござるが、
夜は居酒屋となるでござる。
 
 
 

わっは外観

f:id:gekishaninja:20181004142958j:plain

笑のデザインがかわいいでござるね。 
 

わっはの内観

店内はカウンター席が4席、
4人席のテーブルが3、
6人席のテーブルが1と
最大で22人といったお店。
 
この店の特徴というかびっくりする所は
店長が一人で運営されている様で、
料理から接客まで全て一人でされている。
 
 
そんな状況からか店内には、
「店内はオッサン一人でやっていますので
ご迷惑をおかけが何卒ご容赦下さいます様
お願い申し上げます」という
張り紙がされているでござる。
 
流石、大阪城の近くにある店の店主、
もののふだとセッシャは
思ったでござるよ。
 
水はセルフサービス。
テーブルにコップと水が
置いてあるので自分で入れる。
 
 

わっはのランチメニュー

とりから丼、かつ丼、豚カツ定食が500円。
なんとセッシャに優しい。
 
セッシャがランチメニューを若干悩み、
とりから丼をチョイスしようとした時、
 
「今あるんはかつ丼だけやけど……。
他はもう終わってしまって。
どうします?」
と言われてしまった。
 
なん……だと……。
時刻はまだ12時40分ぐらい。
とりから丼を逃した……。
そのショックは大きいが、
それだけ人気ということか……。
 
すでに腹ペコでござる。
 そのままかつ丼を注文。
 

わっはの雰囲気

一見、強面な店長に見えるが
話してみると面白い人でござった。 
 
常連さんが「ごちそうさん」と告げ、
店を出て行くときに
「今日も夜待ってますから」と店長が
常連さんに話していた。
 
常連さんも照れたように笑いながら
「分かったわ」と会話している。
 
こういう関係性を見ると
単純にいいなと思える。
 
やっぱりなじみの店を持つのは
いいでござるな。
 

わっはのかつ丼

f:id:gekishaninja:20181004142856j:plain

なるほど……。
量としては多い方。
しかし、味は……。
 
いざ!
実食!
いただくでござるよ。
 
かつ丼はたれが多めでカツと米に
しみわたっている。
 
たれの味はセッシャとしては若干濃い目。
タマゴは程よく半熟になっている。
ネギのアクセントがいい
シンプルなかつ丼
ただ、そのシンプルさがいいと
セッシャは思ったでござるよ。
 
心残りがあるとすれば……。
とりから丼を食べたかった。
 

お店情報 

店名 わっは
ランチ営業時間 11時30分~14時まで
あとは店主の状況次第とのこと
 
ディナー営業時間 17時30分~23時まで
食べ物のラストオーダー22時
飲み物のラストオーダー22時30分
 
席数 22 
 

近くのおすすめのカフェ

 
次回のござる飯もよろしくでござる。
にんにん。