ゲキシャニンジャの疾走

彼方にこそ映えあり、届かぬからこそ。挑むのだ。激写をうたい激写を示す! 大阪ローカル情報発信ブログ

「お食事処いろり」長堀橋の飯! ワンコイン定食の居心地のよい人情店

今回のござる飯は

地下鉄長堀鶴見緑地線長堀橋駅の

近くにある「いろり」でござる。

 

 

 

 

お店紹介

 

いろりの外観

 

f:id:gekishaninja:20181003175302j:plain

昔ながらの定食屋さんといった

感じでアジがあっていいでござる。

 

いろりの内観

 カウンター席が10席と

4人席のテーブルが3つと

最大で22席といったお店。

 

昔ながらのお店でござるが、

店内は清潔感があったでござる。 

 

いろりのメニュー

 店の中にメニューは

置いてなかったでござるが、

入店と同時に店員さんが元気な声で

「お兄さん白身?」

とたずねられたのでそのまま、

「はい」と答えたでござるよ。

 

いきなりだったので

若干困惑したでござるが、

どうやら店の外の看板に

メニューがある様でござる。

 

内容は白身魚のフライと

タコ酢、ポテサラ、春雨の中から一品、

みそ汁か豚汁かのどちらかを選ぶ。

 

セッシャがチョイスしたのは

タコ酢と豚汁でござった。

 

豚汁を選んだら100円プラスとか

あるんじゃないかと思ったでござるが、

料金は変わらず、なんと500円でござる。

 

何とセッシャに優しい!

ござる飯のコンセプトは安い旨い。

まだ味が残っているでござるが、

料金は満点と言っていいでござる。

 

いろりの雰囲気

 店内を見渡すとスーツ姿のビジネスマンが

たくさんいたでござる。

 

その人達のほとんどがどうやら常連さんで

「お兄さん今日は遅かったね」とか、

常連チックな会話が

繰り広げられていたでござるよ。

 

正直、分かる気がするでござる。

職場の近くにこういう店が

あったらきっと通い詰めると

思うでござる。

 

セッシャも実はかなり多くの店を

めぐっているでござるが、

初めて入った店なのに非常にいやすい。

そう言う空気が「いろり」には

あったでござるよ。

 

いろりの白身魚フライ定食

 店内は結構混んでいたでござるが、

料理は一瞬で出てきたでござるよ。

 

f:id:gekishaninja:20181003175139j:plain

 

この量で500円だと……。

相手にとって不足なし。

 

いざ!

実食!

 

まずは豚汁から。

寒くなってくるとやはり豚汁は美味しい。

豚汁には欠かせない豚。

いろどりを添えるネギ。

そして豚汁には珍しいもやし。

何よりも具がたくさん入っている。

やっぱりプラス100円なんじゃないかと

思えるもの。

 

そして白身魚のフライを一口。

ころもがサクサクで音も

楽しむことができる。

肉厚の白身魚がタルタルソースに絡めば

ご飯との相性は言うまでもないでござる。

 

それからタコ酢を一口。

酸味はあまり強くなく程よいもので

口の中の脂をリセットしてくれる。

やはりベストチョイスでござった。

 

お店情報 

 店名 お食事処いろり

営業時間 11時半ぐらい~13時半ぐらい迄

(おかずが無くなり次第終了)

営業時間がアバウトなのは家族で

経営されている様で大体で

やっているみたいでござる。

もう少し早くやっている事もあるし、

早く閉める事もあるとのこと。

 

goo.gl

 

 次回のござる飯もよろしくでござる。

にんにん。