ゲキシャニンジャの疾走

彼方にこそ映えあり、届かぬからこそ。挑むのだ。激写をうたい激写を示す! 大阪ローカル情報発信ブログ

「鶴橋卸売直営店 海鮮物語」 鶴橋の飯! うまいし安い! 魚屋の海鮮丼

ござる飯。
それはやすくてうまい料理を探し日夜、
財布のひもと戦い続ける熱き男の物語。
 
今回やってきたのは大阪環状線
鶴橋駅の近くにあるお店。
「鶴橋卸売直営店海鮮物語」でござる。
 
 

海鮮物語の紹介

魚屋さんが経営されているお店で
ござるよ。
いい魚が間違いなく
仕入れられているでござる。
 
最近名前が変わった様でござるが、
このお店は実はたくさんのメディアに
紹介されている名店でござる。
 

f:id:gekishaninja:20180927153543j:plain

看板も歴戦を戦い抜いてきた感じが
出ているでござるね。
 
目を引く看板でござるね。
 
セッシャは売り切れ次第終了ですと
書かれていたので速攻で
店に入ったでござるよ。
 

海鮮物語の外観

店は厨房と客席に分けられていて
透明のカーテンで仕切られて
いるでござる。
年季がかなり入っているでござるよ。
 
店員さんやお客さんの顔が写るので
外観の写真は撮っていないでござる。
 

海鮮物語の内観

カウンター8席、
テーブルが4つで椅子が2席、
用意されているので、
最大で16席といった店。
 
少しごみごみとしているが
有名人のサインが並べられていて
多くの人がそれだけ来ている
という事でござるな。
 

海鮮物語の雰囲気

愛想のいい店員さんが
元気よく迎えてくれた。
 
心地のいい接客でござる。
はきはき話す店員さんなので
セッシャは好きでござるな。
 

海鮮物語のメニュー

f:id:gekishaninja:20181015020459j:plain

 メニューはかなり豊富でござるな。
ただござる飯のコンセプトは安い旨い。
ここは人気NO1の お造り定食か
人気NO2の海鮮丼のどちらかにしよう。
 
悩んだ結果、表の看板に出ていた
海鮮丼を注文したでござる。
 

海鮮物語の海鮮丼

運ばれてきた海鮮丼は
とてもきらびやかに見えた。 

f:id:gekishaninja:20180927150500j:plain

 
海鮮丼にサラダとみそ汁がついている。
このボリュームで600円だと……。
 
ごくりと生唾を飲む。
わさびを醤油で溶かし、
海鮮丼にたらすと丼は本来の色味を出す。
海鮮をほおばると魚の旨味がほとばしる。
身がぷりぷりしていて新鮮でござる。
鮮度は間違いなく抜群。
 
ご飯を一口。
酢飯の様に感じた。
ほんのりと酸味を感じ、
海鮮を飽きることなく、
がつがつと食べられてしまう。
 
気づけば丼は空となっている。
海鮮物語の海鮮丼恐るべし。
これぞまさしくござる飯。
 

お店情報

店名  鶴橋卸売直営店 海鮮物語
営業時間 7時~14時30分
売れきれ次第終了
席数  16
  
近くのおいしいお店
 
ござる飯
安くてうまいものが食べられる店を探す。
飽くなきゲキシャの冒険が
始まったのであった。
 
次回のござる飯もよろしくでござる。
にんにん。